So-net無料ブログ作成

カマクラ号と私 [カマクラ号]

それはMOANAさんからのお電話から始まりました。

 探究心旺盛な彼女。ホクレアが日本に寄港中に日本でも古代ハワイアンカヌーがないか調べてました。

「ショーコさぁん。JHCAっていう団体のこと知ってる?やっぱり日本にも造ってる人たちがいたのよ、素晴らしいでしょ、教えてくれないかな。」

というわけで、手当り次第知り合いに聞いてみました。

タイガー・エスペリさんの存在はしっていたけどカヌー建造を企てていたことは知りませんでした。

皆の答えは彼が亡くなられているから誰しも今はもう活動してないのではと教えてくれました。

そこへミサさんから初めてのお電話。

  「もしもし、初めまして。ショーコさんですか? 来週の日曜日七里ヶ浜で カマクラハカ をしますのでぜひいらしてください。」

そう、カマクラ号建造が ホクレア日本航海によって蘇ったのです。

あれから5年。

3人で熱海のカフェで悶々と話し合ったり、なんとかなると開き直ったり。

産みの苦しみを分かち合う仲間が徐々に増え

頭を寄せ合いNPO法人となり

日本人よりこのプロジェクトに熱心なハワイの人々に助けられて

そしてタイガーの存在が大きいことを知らない人にも認知されて

カマクラ号はスローに進んできました。

2007年にホクレアが来たころの日本と

2012年の今の日本

大きく変わりました。

私も変わりました。

この5年間、いろいろなことを学びました。

これがタイガーの目的だったのかもしれません。

建造の夢を現実にしていく過程で経験すること学ぶこと

日本人に足りないのはそこなんだよ、とタイガーは気づいていたのかもしれません。

航海カヌーを造るということ。 それは何を意図するのでしょうか?

昨年の大きな台風でテトラポットの上に はい、どうぞ!と言わんばかりに打ち上げられた丸太。

394242_347056235307908_100000106046044_1577867_1567078848_n.jpg

それはまるでタイガーからの贈り物。そばには彼の守護神サメの死骸がありました。

いま、Tリーフのしめ縄に飾られて

399010_10100854794985825_3433045_55716197_1338011192_n.jpg

’Awaによって清められ

380320_10100854797735315_3433045_55716239_1081536479_n.jpg

ここまでに至った経緯をフラで紹介し、成功を祈りました。

536717_10100854797470845_761131345_n.jpg

私は ’Ohe 竹笛で参加しました。

403501_10100854796043705_3433045_55716215_484706973_n.jpg

最初から最後まで それはそれはすばらしいセレモニーでした。

先住民族アイヌの儀式も入り、

524377_10100854796402985_3433045_55716221_1436765553_n.jpg

より一層力強くなった 丸太。

このようなカヌーになり、伊豆からカマクラまで航海する予定です。

526144_2064501227684_1699369742_945701_1410689917_n.jpg

翌日の新聞にセレモニーが掲載されました。

536148_2064129258385_1699369742_945611_1424070170_n.jpg

 310052_2064016975578_1699369742_945583_362644876_n.jpg

産みの苦しみは育てる楽しみと背中合わせ。

ホクレア号とカマクラ号・・・

古代ハワイアンカヌーは私の人生の先生です。

さあ、ここからまだまだ学びが続きます。

新しい出会いもたくさん待っています。

楽しみにしています。

建造のお手伝いは随時募集しています。時々でいいのでぜひ松崎町まで行きましょ。

JHCAのホームページもこれから充実します。

注目をお願いします。

最後に、セレモニーを全面バックアップしてくださった クム・タンガローに感謝と敬意を表します


nice!(0)  コメント(6) 

nice! 0

コメント 6

MOANA

あの雨があったからこそ、の、素晴らしいセレモニーとなったんだとつくづく思います。
一生忘れられない一日となりました。
さぁ、ここからですね~!楽しんで進んでいきましょうね~♪
6月のビルダーさんたち来日とその後の準備、楽しい計画、いろいろ練りましょう!
それにしても、
HPの記事を書こうとするのですが、なぜか言葉にできません、
困ったなー( ̄^ ̄;)
by MOANA (2012-04-26 22:05) 

アンティショーコ

MOANAさん

まずはこの丸太で造り、いろいろ学習して
最後の最後はは遠洋航海カヌーカマクラ号になってハワイまで・・。
そのころ、私たちはすっかりおばあちゃんね。
昔話しましょ、大雨のセレモニーは気持ちよかったね、って。

by アンティショーコ (2012-04-27 00:54) 

dooks

ほんと素敵なイベントでしたね。
なんか僕もハワイに戻ったあとのプログラムがちょうどホクレア日本航海の直前でたくさんの人に出会い、カウアイでまた更に人と出会い、モロカイからホクレアに乗れて、日本に戻ってもまだまだいっぱいの人と出会い。。。そして会う人会う人がいろいろなつながりがあったり、新しい街との出会いがあったら、日本にたまにいくことで更にハワイへの思いが強くなったり、で、日本ももっと好きになったり。有名人とかカヌーとかいろいろシンボルになるものってありますけど、なんかもっと無固形なもののつながりにしびれて感動してます!そうそう、僕も雨だったからこそ、更に想い出に残るイベントになったんじゃないかなと思いました!
ちなみに結城さん、風邪ひかれちゃったみたいですが、すごい結城さんもつながりを感動してました!
by dooks (2012-04-27 14:24) 

アンティショーコ

dooks、会えると思わなかったから嬉しかったよ~。
日本にいるとハワイが愛しくなるでしょ。不思議ですね。

かぬーの周りにいるハワイアンの人は必ずこう言います。
カヌーは島と島を結ぶだけでなく、人と人を結ぶもの。

Kaua'iのNamahoeも建造が始まってから10年が経過しましたね。
早く効率的に安くという現代の価値観とは全く違うからこそ
教えてもらうこと気づくことが多いです。
それこそが、「無固形なもの」なのかもしれませんね。

雨は誰かの演出だったのかも・・・誰だろ?ふふふ。

結城さん、お大事に。
ゆっくりお話しできなかったので金沢文庫芸術祭でお会いできるといいなと思っています。

by アンティショーコ (2012-04-28 08:20) 

コージ

あ、結城さんだ!
僕も久しく会っていないので、機会があればぜひ呼んで下さい。

ところで、2日午後から茅ケ崎白浜にある田中邸(芸祭スタッフ)でBBQやるのですが、お時間ありましたらショーコ先生来ませんか?
by コージ (2012-04-29 06:18) 

アンティショーコ

コージさぁん
そうね、最近お会いしてないですね~
良いGWになりそうですか?
私は、5/1 5/2 はハワイから先生がいらして東京で丸一日レッスンなんです。
今日も海際サイクリングしてBBQの匂い嗅いでました。
行きたいな、BBQ!
又、誘って~
私も誘うから~

by アンティショーコ (2012-04-29 15:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。