So-net無料ブログ作成

伝統航海術師、マウ永眠 [ホクレア号]

「ミクロネシアから航海術師が消えていく」

マウはある時、ハワイの人人にそう告げた

ミクロネシアにも伝統航海術を伝える航海カヌーがあればと

造られたのが

「アリンガノ・マイス」

02_062956.jpg

デザインするところから、資金集めまで 5年を費やし

すべてがボランティアの力でできあがった

「アリンガノ・マイス」はマウの故郷サタワル島の言葉で

「風に吹かれて落ちたパンの実」 という意味

このパンの実は誰のものでもなく

すべての人で分かち合うもの

と、いうサタワル島の習わしにちなんで

マウが付けた名前

以上、内野加奈子著 「ホクレア」より

 

 

マウは最後の伝統航海術師といわれていた人物

彼は、パンの実を惜しみなく分けるように

伝統航海術をハワイに伝えた

 

 

彼がいなかったら航海術は消えていた

伝統航海術は残ったが

彼は、昨日亡くなられた

ありがとうございます、マウ

横浜でお会いした時のやさしい眼差し、忘れません!

マウから頂いた技術、カマクラ号で生かし

伝統航海術を日本でも守りたいと切に思います

ご冥福をお祈りします

http://www.kitv.com/news/24231392/detail.html


nice!(0)  コメント(4) 

nice! 0

コメント 4

Sara

Mauがいなかったら、ホクレア号の航海はなかったのでよね。
彼の精神や知識、経験を引き継ぐのは、
私達All of usの役目ですね。
Lots of Mahalo to Mau.
ご冥福をお祈りします。
by Sara (2010-07-15 07:17) 

さえっぺ

ホントにSaraちゃんの言うとおり。
Mauがいなかったらホクレアの航海は無かっただろうし、日本に来るコトも無かった。
ってコトは私がショーコさんに出会うコトもなかったでしょうね。
惜しみなくパンの実を分け与えてくれたMauに感謝。
ご冥福をお祈りいたします。

by さえっぺ (2010-07-15 13:10) 

アンティショーコ

Saraちゃん
ホクレアのクルーの皆様の悲しみはいかばかりか・・・
こんな私がショックなのだもの、泣
by アンティショーコ (2010-07-15 15:53) 

アンティショーコ

さえっぺ
技術を島単位で独り占めしていた時期もあったんだよ
だから、廃れてしまう
外に受け継いでもらう事によって叡智がつながる
マウは頭がすごくいいっ!心はすごくやさしい!

by アンティショーコ (2010-07-15 15:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。